困りごと心配ごとに関すること

ふれあい総合相談支援事業《市受託》

うるま市地域福祉計画に基づき、住民が地域で安心して暮らしていくために、身近な地域で健康づくりや福祉に関する総合的な相談ができ、生活を支える必要な情報の入手や支援を受けれる窓口を設置する。
① 健康及び福祉に関する総合的な相談及び支援を行う窓口の設置
(窓口にはコミニティソーシャルワークを行う専門員を配置する)
② 公的サービスと地域のインフォーマルサービスとの組み合わせ及び分野を超えた総合的なサービスの提供のネットワークの形成
③ 小地域福祉推進委員会や住民福祉活動等の支援
④ 地域の社会資源や要支援者の把握
個別の相談・地域生活における相談等、遠慮なくお申し付けください。
私たちコミニティソーシャルワーカーが解決に向けたお手伝いをいたします。

生活福祉資金貸付事業《県社協受託》

・生活福祉資金制度とは
低所得世帯、障がい者世帯、高齢者世帯等に対し、資金貸付と相談・支援により世帯の経済的自立や在宅福祉・社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的とした貸付です。

・貸付資金の種類について
① 総合支援資金
  総合支援資金貸付は、失業等により日常生活全般に困難を抱えている方を
  対象として必要な資金の貸付と、社会福祉協議会やハローワーク等による
  継続的な相談支援をセットで行い、生活の立て直しや経済的自立を図るこ
  とを目的とした制度です。
※原則として、生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援事業等による支援
 を受けるとともに社会福祉協議会及び関係機関から貸付け後の継続的な支援
 を受けることに同意していることを要件としています。
② 臨時特例つなぎ資金
  失業等給付、住宅確保給付金、生活保護等の公的な給付・貸付などは申請
  から交付まで、若干の時間を要します。「臨時特例つなぎ貸付資金」は、
  申請者がその間の生活に困窮することがないよう、当座の生活費の貸付を
  受ける制度です。
③ 緊急小口資金
  緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった低所得者に対し上限10万円ま
  での少額の小口資金を貸付けすることによって、その後の生活および償還
  の見通しが立つ場合にその世帯の生活の安定と経済的自立を支援する制度
  です。

一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(コロナウイルス関連)

こちらからご覧ください ⇒ リンク

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 うるま市社会福祉協議会 All right reserved.